手持ちの財産以上を返済する必要があるとき聞きましたが

 破産手続きは、財産をすべて換価し、債権者の分配することを目的にしています。しかし、個人再生においては、財産以上のものを弁済することを条件にし、財産の換価は求めていません。債権者にすれば、破産されるよりは、多額の返済を受けれることにがメリットのなりますし、債務者にすれば、車や生命保険を換価することなく、手続きを進めることができるメリットがあります。

 

 例えば、150万円(学資保険の解約返戻金100万円、定期預金50万円)の資産があり、債務総額が500万円の場合、自己破産であれば、破産時点で、学資保険、定期預金とも解約し、債権者に分配することになりますが、個人再生では、学資保険、定期預金ともそのままで、150万円を3年間に繰り延べて弁済(各月41700円ほど)することで、残債務の支払い義務がなくなります。この場合は、自己破産より個人再生のほうが、経済的にもメリットがあります。

 お気軽にお電話ください。

山本英樹司法書士事務所

司法書士 山本英樹

大阪市天王寺区生玉前町1-18

クリスタルタワー SANKYO703号

司法書士 山本英樹 

 個人再生物語