手続きをすることを妻に知られたくない

ギャンブルで借金を作ってしまいました。贅沢もせず空いた時間パートで働いてくれている妻に秘密で手続きはできないものでしょうか

 同居の配偶者に秘密で手続きを行うのは、あまりお勧めできません。その理由は、個人再生は、基本的には、生活費を見直し、一定期間一定額を返済しようという手続きです。あなたが、家計を把握しており、主導的な立場で家計を切り詰められるのであればともかく、妻が家計を握っている場合(妻が家計をやりくりし、あなたが小遣いをもらっている場合など)は、家計を切り詰め返済原資を捻出するためには、同居の家族の協力がどうしても必要になります。 

 

 例えば、給料はすべて妻に渡し、妻が家計を管理し、夫は小遣いを5万円もらっていた。夫は、数年前にギャンブルが原因で借金ができ、妻には内緒で昼飯を節約し返済を続けてきた。しかし、返済が追いつかず、徐々に借金が増加している。一方、妻は夫の窮状を知らず贅沢ではないにしろ、特に節約せずに生活費を支出している。こんな場合を想定してください。 

 

 この場合、妻には内緒で手続きはできるでしょうか。返済予定額が、28000円に収まれば、返済以外に2万円ほどが手元に残るので、妻に内緒で手続きは可能かもしれません。しかし、妻に相談し、生活費を多少でも切り詰めてもらったほうが、手続きはスムーズに行くのではないでしょうか。また、妻に相談した結果、文句は言われたものの結局協力してくれ、なぜか以前より夫婦仲が良くなったという方もいるぐらいです。いろいろ事情はおありでしょうからケースに応じたアドバイスをさせていただきます。

 

 お気軽にお電話ください。

山本英樹司法書士事務所

司法書士 山本英樹

大阪市天王寺区生玉前町1-18

クリスタルタワー SANKYO703号

司法書士 山本英樹 

 個人再生物語