年金受給者でも個人再生は利用できますか

私は、現在68歳で、厚生年金を受給しています。年金額は、月に換算すると24万円ほどですが、
年金担保の貸付を受けており、実際の受取額は18万円ほどになります
これ以外にも借金が、400万円ほどあり、毎月8万円ほど返済しています。
生活はできる限り切り詰めていますがそれでも、生活費に14万円はかかります。毎月4万円ほどの不足分は、これを長男から援助してもらっています。しかし、長男も、不況でボーナスの支給もなくなり、口には出しませんが生活は苦しそうです。また、長男の子どもは高校2年生になり、大学進学を考えるといつまでも援助をしてもらうわけにはいきません。
このような状況ですが、個人再生を利用することは可能でしょうか。

年金は、継続的又は反復して得る収入と考えられますので、一般に個人再生は利用可能です。

問題となるのは、年金担保貸付の取扱です。まず、合法な年金担保貸付(独立行政法人福祉医療の貸付)については、債務額のカットは行われずに、全額を今まで通り支払う必要があります。そして、年金支給日には、今まで通り満額又は一定に額が差し引かれ年金が支払われることになります。よって、再生計画の作成は、慎重に行う必要があります。

 

質問者の場合は、合法な年金担保貸付と考えられますので、個人再生を利用しても、年金の受取額は18万円で変わりません。

しかし、借入の返済は、個人再生を利用すると、返済額は月々28000円ほどになります。
現在、生活費が14万円ほどですので、これに個人再生の返済を併せても17万円弱で、18万円の年金額に収まります。このことから、個人再生を利用することは十分可能と考えます。

 

 

 お気軽にお電話ください。

山本英樹司法書士事務所

司法書士 山本英樹

大阪市天王寺区生玉前町1-18

クリスタルタワー SANKYO703号

司法書士 山本英樹 

 個人再生物語