小規模個人再生の最低弁済額要件を教えてください

 債権額によって、次のように最低弁済額要件が決まっています。ただし、資産の総額がこれを超える場合は、資産の総額以上を弁済しなくてはなりません。
 
債務額が100万円以下の場合  債務額全額 
債務額が100万円以上500万円未満の場合  100万円 
債務額が500万円を超え1500万円以下の場合  債務額の5分の1 
債務額が1500万円を超え3000万円以下の場合 300万円 
債務額が3000万円を超え5000万円以下の場合 債務額の10分の1 
 

 例えば、400万円の借り入れがあり、資産が30万円の場名 最低弁済額は100万円となります。また、400万円の借り入れがあり、資産が120万円の場合の最低弁済額は120万円となります。

 当事務所へ相談に来られる方の場合、100万円が最低弁済額になるケースが多いです。

 お気軽にお電話ください。

山本英樹司法書士事務所

司法書士 山本英樹

大阪市天王寺区生玉前町1-18

クリスタルタワー SANKYO703号

司法書士 山本英樹 

 個人再生物語