どのような目的で個人再生は利用されていますか

 当事務所への相談で一番多いのが、マイホームを守りたいという方です。たとえば、500万円の借金で利息が18パーセントとすれば、ひと月あたりの利息が、75000円ほどになります。たとえ毎月75000円支払っても元金は全く減らないことになります。しかし、個人再生を利用すれば、住宅ローン+28000円の支払いで、3年間で借金が無くなるのです。(資産が、100万円以下の場合)生活の再建に向けて、個人再生は非常に有効な制度だと考えます。

 

 次に多いのが、破産だけはしたくない、自分が作った借金だから、返済可能は範囲で返済したいという方です。一度こんなことがありました。父親と息子が相談に来られて、息子の借金をどうするかと相談した時、お父さんが、この子の将来のことを考えると、破産じゃなくて個人再生でお願いしたいと涙ながらに言われ、息子も同意し個人再生の手続きをしたことがあります。今では、完済され、まじめに働いておられます。ただ単に金銭的な損得だけで考えてはだめだと教えられました。

 

 また、資産を処分したくないという方もおられます。例えば、今は元気なものの、1年前に大病を患い 、今加入している生命保険を解約すると再度保険に入れない場合などです。また、車を残したいという場合もあります。但し、マイカーローンで借り入れをしており、車の所有権が販売会社に留保されている場合は、引き揚げられることになります。

 

 そのほか、破産をしても免責が難しいケースなども個人再生を利用されています。たとえ借金の原因が、ギャンブルや遊興費に使った場合でも、返済計画がきっちり立てれれば、個人再生が使えます。

 

 また退職金が比較的多い場合やある程度の資産がある場合は、破産よりも有利な場合がございますのでご相談ください。

 お気軽にお電話ください。

山本英樹司法書士事務所

司法書士 山本英樹

大阪市天王寺区生玉前町1-18

クリスタルタワー SANKYO703号

司法書士 山本英樹 

 個人再生物語